いろんなゲームが楽しめる新感覚のSNS音楽ゲーム

AppleWatch対応& カメラ本体サマーセール実施中!

デーツシロップを使って色々料理を作ってみたくなった



最近、デーツシロップなるものを知りました。
とても良さそうなので紹介します。

デーツって初めて聞きましたけど、デーツというのはナツメヤシの実のこだそうです。
中東あたりが原産で、向こうでは、かなり昔から栄養満載の保存食として重宝されていたようです。
ミネラル、ビタミン、食物繊維などを豊富に含み、また単糖類なので燃焼しやすく、すぐにエネルギーになるんだとか。
中東では、おやつみたいな感覚で食べられていたようです。
美味しそうで、自分も生のデーツをちょっと食べてみたくなりますね。

それで、このデーツを使って作ったのが、デーツシロップというわけですね。
デーツシロップはデーツ100%果汁を使って作られており、砂糖不使用のシロップなので、とても体に優しいそうです。
なので、高齢者やダイエット中の方、スポーツをされる方などにとてもオススメなんだそうです。

私はスポーツとかをした後に、酢と蜂蜜でつくった自作ドリンクを飲むんですが、そのドリンクにこのデーツシロップを使ってみたいなと思いました。
普通の蜂蜜でも美味しいんですけど、少し酢のとんがった様な酸味がキツい時があります。
聞くところのよるとデーツシロップは、まろやかな味わいが特徴だそうですので、少し味を丸くできそうな気がします。
またデーツシロップは、味にコクを出せるそうですから、ドリンクの味が、奥深いものになりそうです。

デーツシロップは、ほかにも色々な料理に使えそうです。
↓こちらのサイトにはデーツシロップの利用例が色々紹介されてます。

パンケーキや揚げ物、デザート、中華料理、魚料理、カレーなど、いろんなものに使えちゃうんですね。
自分は、焼きそばに使ってみたいと思いました。
家では1週間に1回くらい焼きそばが出るんですが、家の焼きそばは、味のコクが今ひとつなんですよね。
単調すぎる味といいますか、深みがないといいますか。
そこでこのデーツシロップを活用すれば、もしかしたら美味しくなるかもしれません。
今度トライしてみます。


以上、レビューブログからの情報でした。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

英会話レッスンならスキマトーク

ネイティブ講師数が1,000名を突破!国内最大級のネイティブオンライン英会話「スキマトーク」が1レッスン690円~で毎日マンツーマン英会話ができるサービスを開始

このたび、スキマトークが新しい英会話サービスを始めたそうです。
とても良さそうなので紹介します。

今回始まった新サービスは、「毎日レッスンプラン」といいます。
名前の通り、毎日英会話のレッスンが出来ちゃう英会話レッスンサービスです。
英語を習得するには、やっぱり毎日練習するのが効果的ですからね。
毎日こつこつレッスンできるこのプランは、とても魅力的だと思います。

毎日レッスンプランには、次の2つのコースが用意されています。

◆毎日25分プラン
◆毎日50分プラン

以上の2つです。
25分プランは、毎日25分のレッスンを1回、50分プランの方はそれを毎日2回受けることができます。
1レッスン25分という長さは、長過ぎず、短過ぎず、ちょうどいいレッスン時間だと思います。
あんまり長いと、集中力が切れますからね。
25分という長さは、ちょうどいいと思います。
ちょっとした空き時間を活用して英会話のレッスンができますね。
スキマトークはオンライン英会話ですから、ネット環境さえあればどこでもレッスンできますしね。

また、スキマトークのいい所は、ネイティブ講師の英会話レッスンを受けることができること。
やっぱり、英会話はネイティブから教わるのが一番いいです。
しっかりとした英語の発音とかを身につけるには、日本人講師よりネイティブ講師の方がいいに決まってますよね。
スキマトークには、なんと1000人を超えるネイティブ講師がいるので、自分に合う講師がきっとみつかります。

それから、スキマトークは法人向けの英語研修サービスも展開しているそうです。
料金の安さと、講師陣の質の高さが大人気のようです。
ユーザーの94%が最高の英会話サービスと評価しているという実績があります。
最近は企業のグローバル化が進んでいて、ビジネスシーンで英会話能力が求められることが多くなってきています。
大企業を中心に英語を公用語にするところも出てきてますしね。
英語は今後ますます必要とされるでしょう。
でもビジネスマンは忙しいですから、仕事をしながら英語の勉強もするというのはなかなか大変です。
そんな時でも、スキマトークを活用すれば、スキマ時間を活用して、英語の勉強をしっかりできそうですね。
皆さんもスキマトークを活用してみてはどうですか。


ドリームニュース・ブログメディア参加記事

トクさんがミュージアム キャラクター アワード 2015に緊急参戦