ゴチトモで新しい食事友達を見つけて楽しい人生



最近、ゴチトモというSNSサービスがあるのを知りました。
面白そうなサービスなので紹介します。

ゴチトモは、誰かと一緒にご飯が食べたいという希望を持つ人々同士を結びつける、マッチングサービスなんだそうです。
具体的には、ゴチトモに登録しておくと、毎日お昼時に会員を3組紹介してくれるようです。
そして、その紹介された会員のプロフィールとかを見て、気が合いそうだな~と思ったら連絡を取ってお食事をする、という感じのようです。
今までありそうで無かったユニークなサービスかもしれません。

誰も一緒にご飯を食べにいってくれる人がいないよ~、という寂しい状態の時に活用するといいかもしれませんね。
1人でお店に入るのは、けっこう勇気がいりますからね。
牛丼屋とかファーストフードとかなら、まだ入りやすいですが、普通のレストランとか高級料亭とかに1人で行くのは、ちょっとキツイかなって感じです。
そんな時このゴチトモを活用すればいいのかもしれません。

しかし、まったく知らない人とご飯に行くのはちょっと不安かな~という気もします。
話が合うかどうかとか、またはそれ以前に防犯の点でも、少々ね。
でもゴチトモはFacebook認証による実名登録なのだそうですから、わりと安心して使えるかな~とも思いました。
プロフィールを見て気が合わなそうだな~と思えば、スルーすればいいだけの話ですしね。
またゴチトモは友達とペアを組んで参加することもできるそうなので、もし1人で行くのが不安なら、友達と一緒に行けば安心ですね。

ゴチトモには「おごります!」っていう機能もあるみたいです。
「おごります!」って宣言している人は、食事代を全額負担してあげるというシグナルらしいですよ。
この「おごります!」宣言をしている人を見つけたら、タダ飯にありつくチャンス到来です。
がっつりゴチになってしまうのがいいかもしれません。
考えただけでヨダレが出そうです。

ゴチトモはスマホアプリが出ています。
以下のサイトで簡単にダウンロード可能です。
App Store【ゴチトモ】
Google play【ゴチトモ】
無料で利用できますよ
興味のある人は利用してみるといいでしょう。
というわけでゴチトモというサービスの紹介でした。


以上、レビューブログからの情報でした。


ブログで口コミプロモーションならレビューブログ




クリーニング料金20%OFFになるオトクキャンペーン 「リアクア」


宅配クリーニング&無料保管のリアクア 業界初・大手アパレルメーカーのワールドと提携し、新規利用登録キャンペーンを実施!


宅配クリーニングサービスを展開するリアクアが、アパレル業界大手の株式会社ワールドと提携したようです。
この提携によって、これからどんな新しいサービスが生まれてくるのか、とても楽しみだなと思いました。
宅配クリーニング リアクアさんは、これまでもイークローゼットなど、新しいサービスを次々生み出してきた実績があるので期待に胸が膨らみます。

すでにコラボ企画としてワールドオンラインストアで新規利用登録キャンペーンを実施しちゃってます。
次の2つの特典が用意されているそうです。

◆ワールドオンラインストアからリアクアに申込すると、クリーニング料金20%OFF!

◆さらにリアクアプレミアム会員に登録すると、ワールドプレミアムクラブポイント500pt(500円分)プレゼント!

キャンペーン期間は2015年10月15日~2016年2月29日までだそうです。

リアクアの便利さをまだ知らない人は、このオトクなキャンペーン中に是非利用してみるといいのではないでしょうか。

リアクアは宅配クリーニングサービスなので、自宅に居ながらにしてクリーニングを出せちゃうんです。
利用方法はとっても簡単!
ネットもしくは電話でクリーニング依頼したい旨を伝えるだけ!
そうるすと、運送業者さんがすぐに自宅に荷物と取りにきてくれます。
あとはクリーニング完了した荷物が返送されてくるのを待つだけ。
すごくスマートですね。
この便利さを知ったら、普通のクリーニング屋は使わなくなるかも。

クリーニング料金だけで長期間保管するサービスも提供しているのが嬉しいですね。
長期保管をしてくれるので、邪魔な服を自宅の部屋に置いておかなくてもよくなり、部屋の整理整頓ができちゃいます。
すごく便利ですね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事


モコモコで大人女子力をアップしよう!!


モコモコというサイトがあるのを最近知りました。
面白そうなサイトだったので紹介します。

モコモコは大人女子向けのサイトで、女性の知りたいホンネや、生活に役立つやりくり情報を紹介してくれるサイトです。
大人女子が今さら人に聞けない、あんなことやこんなことを教えてくれる便利なサイトです。
例えば、
友達の誕生日プレゼントの予算は?
大人ニキビの撃退法は?
出産後に必要な経費は?
などなど、大人女子なら知っておいて損は無い情報がいっぱい紹介されています。
コツコツ読んでいけば、あなたの大人女子力がグーンとアップすること間違いなしです。

大人女子のホンネをえぐり出す心理テストコンテンツ「ホンネ診断」も面白いですね。
簡単な質問に答えるだけで、心の中が丸分かりです。
本当のアナタに向き合えます。

ところで、モコモコはもうすぐ設立1周年だそうです。
1周年を迎えるにあたり「ホンネ診断」がリニューアルだそうです。
ますますパワーアップした「ホンネ診断」に注目です!
このリニューアルを祝して、ホンネ診断に参加した人の中から、抽選で10名にギフトカードのプレゼント企画を実施中です!!
簡単に応募できますから、応募しなきゃ損ですよ!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

ホースセラピー効果で明るく元気な高校生活


ホースセラピー効果をとり入れ、馬と過ごし乗馬で学べる全寮制の高校。癒しと刺激で充実した高校生活。不登校の高校進学や転校・転入学で悩む生徒たちの再チャレンジサポート。11月より新規生徒募集を本格開始。


ホースセラピー効果をとり入れた教育で、不登校やひきこもりの生徒の再チャレンジを応援する東関東馬事高等学院の取り組みが注目されているようです。
東関東馬事高等学院はユニークな学校で、馬と一緒に成長していける高校なんです。
本物の生きた馬が学校にいて、馬の世話をしたり、乗馬をしたりできちゃうんですね。
この動物との触れ合いが、生徒さんの心に良い刺激を与え、不登校に陥ってしまった人なども立ち直るキッカケになるみたいですよ。

私も犬を飼ったことがあるので、なんとなく分かりますけど、動物と触れ合うと、なんか心がなごみますよね。
理由はよくわかりませんけど、動物との触れ合いは人間の心を温かく豊かにしてくれます。
また、東関東馬事高等学院はとても自然の豊かな環境にある学校なので、その点も生徒さんの心に良い影響を与えているみたいですよ。
暴力的な人も森林浴などをすると、おとなしくなるなんていう話も聞いたことがありますから、自然にはそういう不思議な力があるような気がしますね。

東関東馬事高等学院では、馬についての学びながら、高校卒業資格を取得することも可能だそうです。
勉強についていけるか不安を覚える人もいるかもしれませんが、東関東馬事高等学院は、少人数制の勉強システムでしっかりサポートしてくれるので安心です。
中間テストなどが無く、単なる知識詰め込み教育とは一線を画す教育方針をとっているので、勉強が苦手な人も大丈夫そうです。

11月より、東関東馬事高等学院では、不登校などで悩む生徒さんの受入募集を本格的に開始するそうです。
体験入学などもあるみたいですから、興味のある人はチェックしてみましょう。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

求人受付開始!インターンシップ受付も! 「東関東馬事専門学院」


馬の学校 東関東馬事専門学院では乗馬クラブや育成牧場での職場体験インターンシップを10月14日から開始。競走馬の育成牧場や乗馬クラブの人材不足に貢献、乗馬クラブや育成牧場などの馬専門の求人受付を開始

千葉県八街市にある馬の学校、東関東馬事専門学院さんが馬業界求人依頼の受付を開始したそうです。
東関東馬事専門学院では、将来、馬関係の仕事に就きたいという志をもった若者に、実際の馬を教材として触れ合わせ、馬の世話の仕方や、乗馬、馬の扱い方などを教育しています。
なので、生徒さんは皆、馬に関しては優れた技能を保持しています。
まったくのド素人を雇ってゼロから教育するのは大変ですが、東関東馬事専門学院の生徒さんなら即戦力になる人材を確保できるのではないでしょうか。
少子化などの影響で、昨今は人材獲得の競争が激化しています。
しっかり人材を確保したいなら、なるべく早く求人受付をして、求人票を多くの生徒さんに見てもらった方がいいかもしれません。

いいな~と思ったのが、東関東馬事専門学院さんではインターンシップの制度を設けていることでしょうか。
このインターンシップ制度では、1ヶ月間短期雇用アルバイトとして、実際に職場に就職希望の生徒さんを受け入れることができるというものだそうです。
やっぱり、仕事というのは実際にやってみないと、わからない所が多いですからね。
実際に働いてもらって、就職希望者の方が職場の雰囲気が合うかどうか、バッチリ見定めることができますよね。
この制度があれば、就職希望者の職場への定着率も高まりそうです。
就職しても3ヶ月とかで退職されたりしたら、会社側もたまったものではありませんからね。
便利な制度だと思います。
インターンシップの受付も開始しているそうです。
利用してみたい方は申し込んでみるといいでしょう。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事