大人気布団クリーナー「レイコップRS2」の魅力





数年前に発売されて以来、大人気になっている布団クリーナー「レイコップ」をご存知でしょうか?
累計販売台数300万台超のヒット商品です。
最近、従来のレイコップよりも大幅にパワーアップした「レイコップRS2」が出て再び話題沸騰中です。

レイコップの特徴の一番の特徴は、なんといっても「光クリーンメカニズム」でしょう。
光クリーンメカニズムは、

・UV(紫外線)除菌
・たたき
・吸引

という3つの機能から成るものです。
まず、まず紫外線を布団に直接照射して除菌、そして、たたき機能で布団を高速で叩き細菌やダニの死骸などを浮かせ、最後に吸引して完全に除去、という3段階クリーニングをやってのけるのがレイコップです。
様々な調査結果からもレイコップの除菌の実力は証明されており、ユーザーからも高い支持を得ているそうです。

最新のレイコップRS2では、これら光クリーンメカニズムがさらに強化されているようです。
たとえば、UV除菌に関していえば、紫外線パワーがアップしています(8Wから11Wへ)。
また、パワフルたたきも、従来の毎分4000回から、毎分4600~5000回へとパワーアップしています。
吸引も吸引口の幅が広がったことにより、よりワイドな範囲をクリーニングできるようになっています。

レイコップRS2ではさらに、モードの選択が出来るようになったのが素晴らしいですね。
一口に布団といっても、いろいろな種類がありますよね。
敷き布団とか、掛け布団とか、毛布とか。
レイコップRS2では、それらの異なる布団の種類に最も適したモードを選択して使えるようになったのです。
これにより、より快適に布団クリーニングをすることができるようになりました。

また自分的には、レイコップRS2は吸引したゴミを処理する際のことも配慮がされているのが便利だなと思いました。
クリーナーのフタを開けると、せっかく吸引したゴミが飛散してしまうことってありますよね。
せっかく掃除したのに、また飛散してしまうとヘコみますよね。
でもレイコップRS2は吸引したゴミが飛散しにくい設計になっているので、再びハウスダストが散らばってしまうのを防げそうです。
細かい点まで配慮が行き届いているのが、多くのユーザーから支持されている理由なんだと思います。


以上、レビューブログからの情報でした。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

コンカーから中小企業向けの出張・経費管理サービスが出ました


コンカーが経費精算などを効率的に行えるサービス「Concur Expense Standard」を11月18日より提供開始したということで話題になっています。
これを導入することにより、出張経費の管理などが簡単に行えるようになるみたいです。
例えば、出張へ行くための色々な手配が楽に出来るようになるみたいですし、また出張中に使った様々な料金などの精算も早く正確に行えるようになるみたいです。
中小企業でも大企業なみの経費精算体験が可能になるそうですよ。

人材不足に悩む中小企業には魅力的なサービスかもしれませんね。
中小企業では本当に人が不足している所が多いですから、なかなか経理とかの業務に満足のいく人員を割くことができませんよね。
なるべく本業に集中したいところですけど、でもやっぱり経理というのも会社にとっては大事な仕事ですから、おろそかにはできません。
経理をいい加減にやっていると会社の経営状態が分からなくなって、しっかりした経営ができなくなりますし、また税務署から怒られたりする可能性もあります。
あと、どんぶり勘定でやっていると、不正なお金の使い方をしてしまう社員も出てきてしまうかもしれません。
やっぱり経費精算とはかしっかりやるべきなのです。
Concur Expense Standardを使えば、経費精算業務が効率化され、それに割く時間を短縮できそうです。
その短縮した分の時間を本業の方へ振り向けられれば、会社の生産力も増大しそうですね。

「そんな小難しそうなモノを導入している余裕はない」と思う中小企業経営者も多いかもしれません。
でも、Concur Expense Standardは、中小企業向けに作られているサービスなので、中小企業のような限られた予算・人員でもスムーズに導入できるようにセルフサービス型のウィザードを搭載しているそうです。
専門的なITスキルがなくても、導入することが可能らしいですよ。
導入する際のハードルが低いのは中小企業にとってはありがたいですね。
イザという時は詳細なマニュアルと電話によるサポートもあるそうなので安心です。
一度試してみる価値はあるかもしれません。
特に頻繁に出張を行う会社とかでは大きな効果を期待できるかもしれませんね。

Concur Expense Standardはグローバル対応しているのも魅力ですね。
多言語、多通貨対応可能みたいです。
外国との取引が多い会社でも導入できそうです。


ドリームニュース・ブログメディア参加記事

「第1回エンマンコロシアム」に参加してみたいかも



賞金総額50万円!ENSOKU-MANGAサービス開始記念「第1回エンマンコロシアム」開催


ENSOKU-MANGAさんで『エンマンコロシアム』というマンガコンテストが開催されるということで話題になっています。
何でもアリの漫画コンテストだそうです。

審査方法はいたってシンプル!
視聴ユーザーの閲覧数、応援数、コメント数、SNSでのシェア数のみでランキングを競う形式だそうです。
専任の審査員というのはいないようです。
単純に作品が視聴者の心を掴めるかどうかで作品を判定するみたいです。
でも仲間やファンを集めて投票数を増やしたりしてもOKみたいですから、人脈を駆使して組織票を呼び込める人は有利かも。
でも、やっぱり多くの視聴ユーザーの心を掴める作品を描くのが重要でしょうね。

我こそはと思う人は作品を応募してみてはいかがでしょうか?
漫画の形式も何でもアリみたいです。
1コマや1枚イラストでもいいみたいですし、本格的な長編漫画でもいいみたいです。
1枚イラストでもいいなら私も応募してみたいですね。
長編漫画とかは自分にはとても無理そうですけど、1枚のイラストみたいなのでもいいなら、自分でもやれそうな気がします。
先着200名にAmazonギフト券1000円分の参加賞もあるみたいですし。
皆さんも気軽に応募してみるといいかもしれませんよ。

賞金総額は50万円だそうです!
1位は30万だそうですよ。
さらに賞金だけじゃなくて、マンガ翻訳とモーションコミック化の権利もいただけるようです。
マンガ翻訳というのは、文字通りマンガを外国語に翻訳してくれるんです。
そして世界に配信してもらえるようになるのです。
一躍世界デビューできちゃうかもですよ。

またモーションコミック化すると、単なる静止画じゃなくて、効果音とかセリフとかを入れて、ついでにキャラがヌルヌル動いたりするようになるっぽいです。
凄いのは、1位、2位の場合、プロの声優がアフレコしてくれるということ。
アマチュアの描いた漫画にプロの声優が声をつけてアニメみたいにしてくれるなんてチャンスはめったにあるものじゃないですよね。
モーションコミックは後日配信されて多くの人に見てもらえるようです。
これは挑戦してみる価値アリじゃないでしょうか。
他にも特別賞としてEpisodeレベル99で賞金999999円とかがあるようです。
詳しいことはエンマンコロシアムの作品募集ページを見てみましょう。

それからENSOKU-MANGAさんでは、なかなか個性的な漫画が投稿されていますね。
なかなか普通の商業誌では見れないような漫画もあったりします。
インターネット時代の新しい漫画のあり方がここにあるのかもしれません。
皆さんも見てみましょう。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事


ポジティブワン日本市場向け製品販売

世界約200カ国で使えるグローバルSIMカードが販売スタートします


Planetway、世界約200カ国で利用可能なグローバルSIMカード<br />「TAKT」の提供を開始<br />~12月初旬よりヨドバシカメラを通じて販売~

海外渡航時の通話・通信費を格段に安くするグローバルSIM「TAKT」が12月初旬より販売スタートされるということで話題になっています。
ヨドバシカメラを通じて販売されるようです。
ネットでもヨドバシ.comで買えるみたいですね。
最近はSIMフリー化によって国内の通信サービス会社間で競争が激化してますけど、海外で使えるSIMなんてのもあるんですね~。

TAKTの特長としては、次のようなものがあるようです。

・世界約200カ国で使える
・低料金
・プリペイド型
・SIMは標準、マイクロ、ナノに対応
・SIMの有効期限なし

このSIM1枚で世界約200カ国で使えるというのは便利そうですね。
数カ国にわたって旅する時なんかは、各国ごとに別のSIMを用意するのは面倒ですからね。
1枚で済むのはありがたいです。
料金も安いみたいです。
TAKTのサイトの他社との料金比較表とかを見ると、他社よりも圧倒的に安い料金で通話できちゃったりするみたいです。

支払いがプリペイド型ってのもいいですね。
TAKTは前もってチャージしておいて使うんだそうです。
チャージ額よりも多く使ってしまうことはないですから、安心して使えますね。
予算計画も立てやすいです。
それに海外旅行で万が一、端末を盗難とかされても、プリペイド型ならチャージ額以上に使われてしまったりすることもなさそうですから、その点でも安心です。

SIMが標準、マイクロ、ナノの3種類に対応しているというのも嬉しい点ですね。
自分の持っている端末にSIMのサイズが合わないからといって、わざわざアダプタを購入する必要がないですからね。
SIMの有効期限がないというのもいいですね。
普通の人は海外にそんなに頻繁に行くものでもないでしょうから、期限がないのは便利です。
使いたいときにサクッとチャージして、海外旅行のお供にもっていけそうです。

私も海外はあんまり行かないですけど、海外に行ったらこのTAKTを是非使ってみたいなと思いました。
海外でネット通信とかできたら、やっぱり便利そうですもんね。
海外に行くと、お店とか何がどこにあるのかサッパリわかりませんから、ネットとかで情報を検索できるとありがたいですよね。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事