これからの会社組織はホラクラシー型が主流かもしれません



ビートコミュニケーション、新しい働き方改革を推進する ハイブリッド型ホラクラシーのビジネスソーシャル「B-Holacracy」を提供開始



次世代の働き方改革を実現させるビジネスSNS『B-Holacracy』がリリースされたということで話題になっています。
このB-Holacracyは、ホラクラシー型組織での潤滑油的な働きをするビジネスSNSだそうです。

「ホラクラシー型組織って何?」という人が多いと思いますが、要はそれぞれ平等な個人が能動的に動いて目的を遂行していくみたいな組織です。
反対がトップダウン型です。

ホラクラシー型では、基本的に管理する人がいませんから、個人は自分で自分をコントロールする必要がありますし、また社員間のコミュニケーションも重要になってきます。
これが上手くいかないとホラクラシー型は失敗し組織が崩壊してしまいかねません。

B-Holacracyは、社員間のフラットコミュニケーションや個人の勤怠管理を円滑・効率化してくれてホラクラシー型組織が上手く機能するように手助けしてくれるツールというわけですね。

B-Holacracyには主に以下のような機能があるそうです。


<<主な機能>>
・クロスコミュニケーション
 フラットなコミュニケーションを推進

・ダイバーシティコミュニティ
 社外の人との連携をサポート

・遠隔管理
 在宅勤務者とのプロジェクト連携


などなどです。
社内の人はもとより、社外の人なんかとのコミュニケーションもサポートしてくれるみたいなので便利そうですね。


日本の会社は今までほとんどトップダウン型でやってきましたし、日本人はなかなか主体的・能動的に動けといきなり言われても難しい側面もあると思います。
ですが、将来ホラクラシー型組織が広まっていきそうな気配もありますから、備えはしておいた方がいいのかなと思いますね。

いきなりホラクラシー型に改革するのは難しくても、B-HolacracyのようなSNSツールを導入することで、ホラクラシー型の働き方を促進させていくことができるのではないかと思いました。


ドリームニュース・ブログメディア参加記事



MY HONEYのハチミツでナッツ漬けを作ってみたくなった




MY HONEY表参道本店が6月24日にオープンするということで話題になっています。
このお店は、ハチミツとナッツを専門に販売するユニークなお店だそうです。
自分の好みのハチミツとナッツを選択・購入して、自分だけの「ナッツのハチミツ漬け」を作れるというのがコンセプトなのだとか。
他にも生ハチミツ配合のシャンプーなんかも販売するみたいです。


販売するハチミツ、ナッツには次のようなものがあります。


<<はちみつ>>
・アカシアハニー
・マヌカハニー メディカル
・マヌカハニー ブレンド
・ピーナッツハニー
・ハニーショコラ

<<ナッツ>>
・アーモンド
・カシューナッツ
・くるみ
・マカダミアナッツ
・ピスタチオ
・ヘーゼルナッツ
・松の実
・パンプキンシード


などなどです。

松の実などというかなりマニアックな商品も売っていますね。
自分的には、松の実とハニーショコラを組み合わせて「チョコレート味の松の実漬け」を作ってみたいなと思いました。
ハチミツもナッツも色々なものが売られているので、選択する楽しさがあるのがいいですね。
けっこうハマるかもしれません。
ちなみに、スタッフにはハチミツ美容アドバイザーがいるので、美容や健康のことについて相談しながら商品を選べるそうです。
ハチミツとナッツは美容や健康にもとても良さそうですから、健康志向の人にもおすすめできるショップだと思います。

私は甘いものはあまり好きではありませんが、ハチミツだけは例外で、よく食べます。
トーストにつけたりもしますが、そのまま直接スプーンに盛ってチビチビ舐めるのが好きです。
MY HONEYのハチミツはすごく高品質で美味しいらしいですから、ぜひ生でチビチビ舐めてみたいですね。


ドリームニュース・ブログメディア参加記事




外国人比率40%の英語漬け環境シェアハウスWILL府中

本の買取だけに特化した本屋が出ますよ!




大阪上本町に「本」だけに特化した古本買取専門店オープン! ~従来の古本店と異なる、新業態の本買取専門店「ecobooks 上本町店」~



近々、ecobooks 上本町店というお店がオープンするということで話題になっています。
このお店は、古本の買取サービスだけを行う本屋だそうです。
販売は一切行わず、買取だけに集中するそうです。

ecobooksの運営会社は、ネット宅配買取サービスなども行っていますが、
「ネットからの申し込みが面倒」
「きちんと査定してもらえるか不安」
などのユーザーの声が多数あるため、この度このような新業態店舗をオープンさせたようです。

たしかに宅配買取ってチョット利用するのに抵抗ある場合がありますよね。
輸送中に商品が紛失したり破損したりしないか不安ですし、
買取業者が本当に信頼できるかも不安な場合がありますし、
梱包作業とか輸送手続きとか色々面倒ですし・・・。

店舗買取なら、適当に本を持込んでサクっと査定に出せるという気軽さがあります。
ecobooksは意外と繁盛するかもしれませんね。


ecobooksの特徴の概要は以下のような感じです。


<<ecobooksの概要>>
・所在:大阪上本町
・買取特化
・査定は10冊~OK
・査定結果はTELで連絡
などなど。


以上です。
詳しいことはecobooksのサイトなどで確認してみてください。


私も処分したい蔵書が数百冊あるんですが、宅配買取だと1回じゃ送れませんから、それがおっくうで査定に出す気になりません。
でも店舗買取店なら、車に全部乗せて一度に持っていけそうなので、機会があったら利用してみたいなと思います。


ドリームニュース・ブログメディア参加記事


ピンク・フロイド デビュー50周年記念